分野別高還元率クレジットカードランキング

■クレジットカードは還元率を比較して選ぶ!

クレジットカード選びで、外したくないのが還元率の高さです。
クレジットカードポイントは、ためるほどお得になります。
ギフト券と交換、キャッシュバック、現金の代わりに使用など、現金と同じ価値があります。
還元率を比較せずにクレジットカードを選ぶと、ポイントのたまりが悪く損をしてしまうことになります。
必ず還元率を比較して、ポイントがたまりやすいクレジットカードを探してください。

クレジットカードの還元率で多いのは0.5%です。
1,000円で5円相当のポイントが、200円で1円相当のポイントが付与されるようなクレジットカードが、還元率0.5%になります。
ひと昔前なら還元率0.5%でも良かったのですが、今はもっと高い還元率のクレジットカードが登場しています。
なのでそれ以上の還元率のクレジットカードがおすすめとなります。
おすすめは1.0%以上の還元率となるクレジットカードです。
還元率を比較して、なるべく1.0%以上あるクレジットカードを選びたいものです。
0.5%と1.0%では2倍の差がありますから、ポイントのたまり方を比較すると1.0%のクレジットカードの方が、2倍のスピードでポイントがたまることになります。

年会費有料クレジットカードやリボ払い専用クレジットカードになると、還元率が1.0%以上となるクレジットカードも増えてきました。
ポイントがたまりやすいクレジットカードは、昔と比較すると多くなったと言えるでしょう。

ところでクレジットカードのポイントって、どこから来ていると思いますか?
クレジットカードを使うたびにポイントを付与していたら、クレジットカード会社が損をしてしまうのでは?と思うのではないでしょうか。
実はポイント付与があっても、クレジットカード会社は損をしない仕組みになっています。
クレジットカードが使用されると、クレジットカード会社に加盟店から手数料が支払われます。
この手数料のうちの一部が、ポイントとして会員に還元されているのです。
ポイント還元率が高いクレジットカードは還元率が低いクレジットカードに比較すると手数料による利益は少なくなってしまいますが、損をしてクレジットカード会社が経営難になる心配はありません。

ポイント還元率が高く、お得なのはどんなクレジットカードなのでしょうか。
還元率が高くかつ人気の高いクレジットカードを、目的別に集めてみました。
クレジットカードでポイントを貯める参考にしてみてください。

■ネットショッピングで高還元率クレジットカードを比較

ネットショッピングで還元率が高くお得なクレジットカードを紹介しましょう。
ネットショッピングの決済は、クレジットカードが欠かせません。
クレジットカードであれば、その場で決済が完了します。
コンビニや金融機関に支払いに行く必要はなく、支払いがしやすいです。
またネットショッピングでは、クレジットカード決済しか対応していないショップもあったりします。
ネットショッピングが普及したために、クレジットカードの発行枚数が増えたという結果もあります。

・楽天カード
楽天カードは楽天市場では一番還元率が高くなるクレジットカードです。
他のクレジットカードと比較しても、楽天カードを上回るものを見つけるのは難しいでしょう。
楽天カードは100円に1ポイント付与となり、還元率1.0%あります。
しかし楽天市場では、いつでもポイント4倍で還元率4.0%になります。
さらにキャンペーンにエントリーをすれば、さらにポイント還元率を上げることも可能です。
楽天市場で使えば、すぐにポイントをためられるでしょう。
年会費無料なのも嬉しいです。

・Yahoo!JAPANカード
年会費無料で100円に1ポイント付与となるクレジットカードです。
還元率は1.0%ですが、Yahoo!ショッピングとロハコではいつでもポイント3倍、還元率3.0%になります。
Yahoo!ショッピングを利用する人には、おすすめとなるでしょう。
Yahoo!プレミアム会員なら、さらにポイント倍率が上がります!
たまるポイントがTポイントなので、利用範囲が広いのも特徴です。

・Orico Card THE POINT
100円に1ポイント付与となり、還元率1.0%の年会費無料クレジットカードです。
このクレジットカードは、他と比較してネットショッピングではポイント還元率が高くなります。
オリコモールを経由するとボーナスポイント+0.5%のポイント特別加算があるのです。
特におすすめなのは、Amazonでのショッピング。
Amazonではオリコモール経由で0.5%、特別加算で0.5%となるので、クレジットカードポイント1.0%と合計すると2.0%の還元率となるポイントを獲得できます。
Amazonで利用が多い人には、おすめのクレジットカードです。
またOrico Card THE POINTは、入会から半年間はポイント2倍になるサービスを実施しています。
Amazonでは3.0%のポイント還元率となり、さらにお得となります。

■公共料金で高還元率クレジットカードを比較

公共料金の支払いも、クレジットカードがおすすめです。
クレジットカードなら自動的に支払いができます。
それに毎月発生する公共料金の支払いに使うと、確実にポイントを獲得することができます。
ポイント還元率の高いクレジットカードを比較し選ぶことで、よりポイントを貯められてお得となります。
高還元率のクレジットカードで、どんどんポイントをためましょう。

・REXカード
ポイント還元率はいつでも1.5%あるクレジットカードです。
電気、ガス、水道などどんな公共料金でも、1.5%のポイントを獲得できるのは大きいでしょう。
REXカードは年会費2,500円(税抜)ですが、年間50万円以上の利用があれば翌年度の年会費が無料になります。
公共料金を支払えば年間利用料金を高くすることができますし、実質年会費無料で使うことは不可能ではありません。
たまったポイントはクレジットカードの請求額が値引きとなる、Jデポへの交換となります。

・P-one Wizカード
請求時に1%の割引を受けられ、公共料金の支払い分も割引対象となります。
そして0.5%の還元率となるポイント(Tポイントとの交換時)も獲得できます。
合計するといつでも1.5%の還元率となり、公共料金の支払いでお得になるでしょう。
さらに入会から6ヶ月間は、ポイント3倍になる特典があります。
合計すると2.5%の還元率となり、他のクレジットカードと比較してもお得度が高いクレジットカードなのです。
P-one Wizは年会費無料リボ払い専用クレジットカードですが、初回支払い時はリボ手数料が無料です。
初回全額払いに設定すれば、通常のクレジットカードと比較してもお得に使えるのでおすすめです。

・エクストリームカード
Jデポに交換すると1.2%、Gポイントに交換をすると1.5%の還元率になるクレジットカードです。
公共料金の支払いでも、ポイントをためやすくなっています。
Jデポはクレジットカードの請求金額から値引きとなるデジポットです。
GポイントはAmazonギフト券やTポイントなど、さまざまなものに交換ができます。
2つの交換先を比較すると、断然還元率の高いGポイントへの交換がお得となるでしょう。
エクストリームカードは年会費3,000円(税抜)ですが、年間30万円以上の利用があれば翌年度の年会費は無料です。
実質年会費無料クレジットカードとして使え、ポイント還元率も高いので、他のクレジットカードと比較してもお得度は高いです。

■ナナコチャージで高還元率のクレジットカードを比較

nanacoを利用するなら、クレジットカードでチャージをするのがおすすめです。
現金チャージと比較をすると、ポイント付与がある分クレジットカードチャージの方がお得となるためです。
ただnanacoチャージができないクレジットカード、チャージができてもポイント付与がないクレジットカード、チャージポイント付与があっても付与率が下がるクレジットカードなどがあり、しっかり比較しないと損をすることになります。
満額のポイントが付与されるクレジットカードで、nanacoチャージを行いましょう。

・リクルートカード
年会費無料でポイント還元率1.2%となるクレジットカードです。
年会費無料クレジットカードを比較しても、1.2%は還元率は最高水準となります。
nanacoチャージでも満額の1.2%の還元率となるポイントが付与されるので、チャージ時にもしっかりポイントを獲得することができるでしょう。
国際ブランドはVISA、JCBがありますが、どちらのブランドでもnanacoチャージ時はポイント付与対象となります。

・楽天カード
年会費無料でポイント還元率1.0%あるクレジットカードです。
nanacoチャージでも、満額の1.0%のポイント付与があります。
ただ楽天カードはVISA、JCB、マスターカードとあるのですが、nanacoチャージでポイントを獲得できるのはJCBブランドのみとなります。
nanacoチャージをする可能性があるなら、JCBブランドを選んでおきましょう。

・Yahoo!JAPANカード
年会費無料でポイント還元率1.0%あるクレジットカードです。
Yahoo!JAPANカードも楽天カードと同様、nanacoチャージでポイント付与対象となる国際ブランドが限定されているので注意をしてください。
VISA、JCB、マスターカードがあるのですが、nanacoチャージでポイント獲得ができるのはJCBのみ。
国際ブランドにこだわりがなければ、JCBブランドを選ぶのが良いでしょう。

ポイント還元率だけを比較するともっと高いクレジットカードはあるのですが、nanacoチャージに限ると還元率は高くても1.2%となるのが現状です。
以前は1.75%~2.0%の還元率となるポイントを獲得できるクレジットカードもあったのですが、その頃に比較すると寂しくなってしまいましたね。
還元率を比較するときは、1.0%以上となるクレジットカードを探すようにしてください。

■スーパーで高還元率クレジットカードを比較

日常的に利用するところといえば、スーパーではないでしょうか。
食料品、日用品は常に必要ですから、毎日スーパーに行くという方もいるでしょう。
よく利用するスーパーで還元率が高いクレジットカードを使えば、ポイントをどんどんためることができます。
還元率を比較して、ポイントがたまりやすいクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

・イオンカード
イオンカードは人気の高い年会費無料クレジットカードです。
イオンカードはいくつか種類がありますが、どれも年会費無料なのが嬉しいですね。
基本的に200円に1ポイント付与で、還元率は0.5%です。
しかしイオングループ店舗ではポイント2倍となり、1.0%の還元率となっています。
年会費無料クレジットカードであれば、1.0%の還元率なら高いと言えるでしょう。
さらに毎月20日と30日のお客さま感謝デーでは、5%オフになるのも魅力的です。
イオン店舗は全国津々浦々にあり誰でも利用したことがあると思われるので、用意しておきたいクレジットカードと言えるでしょう。

・セブンカードプラス
基本的に200円に1ポイント付与とり、還元率は0.5%のクレジットカードです。
しかしセブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートでは、ポイント3倍にになります。
還元率は1.5%となりますので、イトーヨーカドーなどを利用する方にはおすすめです。
また毎月8日、18日、28日は、イトーヨーカドーで5%オフになります。
年会費は500円(税込)ですが、年間5万円以上の利用があれば翌年度の年会費が無料になります。
イトーヨーカドーで使っていれば、年間5万円なんてすぐクリアできるのではないでしょうか。

・セディナカード Jiyu!da!
基本的に200円に1ポイント付与となり、還元率は0.5%となります。
ただイトーヨーカドー、セブンイレブン、イオン、ダイエーでは、ポイント3倍になるのが特徴です。
ポイント還元率は1.5%になり、いつでもポイントをためやすいです。
イトーヨーカドーとイオンを両方使うという人には、おすすめのクレジットカードです。
イオンではイオンカードと比較すると、セディナカード Jiyu!da!の方がポイント還元率が高くなるのでお得です。
セディナカード Jiyu!da!は年会費無料ですが、リボ払い専用クレジットカードとなります。
通常のクレジットカードと比較すると、支払い手数料がかかり利用残高が減りづらい面があります。
計画的に利用するのがおすすめです。