高還元率のおすすめクレジットカードランキング1~5位

■高還元率クレジットカードランキング1位

クレジットカードの人気ランキングで、必ず登場するのが楽天カードです。
顧客満足度が高いクレジットカードで、実際に使い良いと感じている人が多いということになります。
テレビCMもよく流れていますので、おなじみのクレジットカードでもあります。

楽天カードが人気ランキング上位になるのは年会費無料でポイントシステムがわかりやすく、ポイントがたまりやすいのが要因です。
クレジットカードは1,000円に5円相当のポイントが1ポイントたまるなど、複雑で良くわかりにくいです。
還元率が高いのか低いのかも、判断しにくいでしょう。
楽天カードは100円の利用に1ポイントがたまります。
1ポイントは1円相当となり、還元率は1.0%になり計算がしやすいのが特徴です。

また楽天カードは1.0%以上の還元率になることも多いクレジットカードです。
楽天スーパーポイント加盟店では還元率は2倍~3倍になり、2.0%~3.0%になります。
そして楽天市場では、いつでもポイント4倍で還元率は4.0%。
キャンペーンなどもよく行っており、エントリーをするとさらに還元率を上げることもできます。
エントリーするだけなら無料なので、とりあえず参加しておくのがおすすめです。
街中の利用でポイントがアップするキャンペーンも多いので、メインのクレジットカードとしてもおすすめです。
ポイントがたまりやすく、人気ランキング上位になるのは当たり前でしょう。

楽天カードは、nanacoチャージで1.0%の還元率となるポイントを獲得することも可能。
楽天Edyのチャージでも、0.5%の還元率となるポイント付与があります。
nanacoチャージはJCBブランドのみがポイント付与対象ですが、楽天EdyはJCBだけでなくVISA、マスターカードでもしっかりポイントを獲得できます。
電子マネーのチャージ用としても、人気ランキング上位になっていますよ。

楽天カードは審査に通りやすいクレジットカードランキングでも、上位にランクインしています。
比較的柔軟な審査を行っており、クレジットカード審査に通りにくいとされる方たちにもおすすめです。
フリーター、専業主婦、学生などはもちろん、噂によると他社に断られた人でも楽天カードなら発行できた例も多いのだとか。
クレジットカードの取得ができるかできないかは審査にかかっているので、審査に通りやすいというのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

■高還元率クレジットカードランキング2位

年会費無料クレジットカードで、一番ポイントがたまりやすいとされているのがリクルートカードです。
人気クレジットカードランキングでは、必ず上位にランキングされています。

リクルートカードは、利用金額に対し1.2%の還元率となるポイントが付与されます。
年会費無料クレジットカードでは1.0%でも高いとされてるのですが、それを上回る1.2%。
0.2%とはいえ、利用金額が高くなるとたまるポイントに差が出てきます。
とにかくポイント還元率が高いクレジットカードが良いけれど、年会費は無料が良いという方に支持されています。

リクルートカードはどこで使っても1.2%の還元率ですが、じゃらん、ポンパレモール、ホットペッパービューティー、ポンパレ、ホットペッパーグルメなどでは1.0%~3.0%のポイント上乗せがあります。
最大では4.2%のポイント還元率となり、リクルートサービスを利用するならお得なクレジットカードです。

またリクルートカードは電子マネーのチャージ用としても、人気ランキングの上位となっているクレジットカードです。
JCBブランドではnanaco、モバイルSuica、VISAブランドではnanaco、モバイルSuica、SMARTICOCA、楽天Edyへのチャージが可能です。
チャージ時のポイント還元率も1.2%あります。
電子マネーチャージでは還元率が下がるクレジットカードが多く、ポイントが全く付与されないといったクレジットカードもあります。
電子マネーのチャージでも、高還元率のポイントを獲得できるクレジットカードと言えるでしょう。

リクルートカードはポイント還元率は高いのだけれど、それほどクレジットカード人気ランキングには登場していませんでした。
それはポイントの使い道に困る…という点があったためです。
リクルートカードでたまるポイントは、リクルートサービスでしか使うことが出来ませんでした。
じゃらんやポンパレなどを使わない人にとっては、ポイント還元率が高くても魅力的なクレジットカードと感じることができなかったのです。
しかしリクルートポイントがPontaポイントと相互交換が可能になったことにより、事情が変わりました。
Pontaポイントはローソンなど、使える場所の多い共通ポイントです。
リクルートポイントをPontaポイントとして使えるなら…と、クレジットカードの人気ランキングにランクインしてきました。

■高還元率クレジットカードランキング3位

共通ポイントはいろいろなシーンで使うことができるので便利です。
使える場所やたまる場所が多い共通ポイントと言えば、Tポイントではないでしょうか。
Tポイントがたまりやすいクレジットカードは、使いやすくおすすめです。

Tポイントがたまるクレジットカードいえば、Yahoo!JAPANカードです。
人気クレジットカードランキングでも、上位にランクインしています。

Yahoo!JAPANカードは、100円に1円相当のポイントがたまります。
還元率は1.0%です。
年会費無料クレジットカードとしては還元率が高く、ポイントがたまりやすいです。
そしてYahoo!ショッピングやロハコでの利用はポイント3倍となり、いつでも還元率3.0%になります。
100円購入すれば3円分がポイントとして返ってくるわけですから、Yahoo!JAPANカードを使わないと損をしてしまいますね。
個人的にはロハコを使う機会が多いので、3.0%の還元率となるYahoo!JAPANカードはありがたいです。
またYahoo!ショッピングでは、キャンペーンによりさらにポイント還元率をアップさせることも可能です。
楽天市場やAmazonなどネットショッピングサイトは多々あり、競争が激化しています。
ポイントアップで利用者を獲得使用ということで、ポイントを大盤振る舞いする機会が増えているようです。
利用者にとっては、お得なのでどんどん競争してくださいという感じですけれどね。

そしてYahoo!JAPANカードは、Tカードとしての機能もあります。
Tポイント加盟店では提示するだけでポイントを獲得できます。
さらにYahoo!JAPANカードで決済をすれば、ポイントの2重獲りができることになります。
ファミリーマート、TSUTAYAなど、Tポイント加盟店は多いのですので、日常的にポイントを獲得できるクレジットカードと言えるででしょう。

Yahoo!JAPANカードは電子マネーチャージ用のクレジットカードとしても、人気ランキング上位になっています。
モバイルSuica、SMARTICOCAで還元率1.0%、さらにJCBブランドであればnanacoチャージで1.0%、マスターカードブランドであればau WALLETチャージで1.0%の還元率となるポイントを獲得できます。
どれも満額の1.0%となる還元率を獲得できますので、電子マネーチャージにもおすすめのクレジットカードでしょう。

■高還元率クレジットカードランキング4位

2015年7月に発売されてから、すぐに人気ランキングに顔をだしたクレジットカードがあります。
それがP-one Wizカードです。

P-one Wizは利用すると、請求時に自動的に1%が割引されます。
自動的に1%オフというのは、ポケットカードのクレジットカード特有のサービスになります。
この時点で1.0%のお得です。
これで終了となると、人気ランキングに発行後すぐに登場することはないでしょう。
このクレジットカードは、さらに0.5%の還元率となるポイント付与があるのが特徴です(Tポイントとの交換の場合)。
割引きとポイント付与の合計で1.5%の還元率があることになり、非常にお得なクレジットカードです。
年会費無料クレジットカードと考えると、かなり高還元率と言えるでしょう。
発行当初から人気に火が付き、クレジットカードランキングに登場してくるのもうなづけます。

さらにP-one Wizは、入会後6ヶ月間はポイント3倍になるサービスがあります。
ポイント還元率は1.5%になりますので、合計2.5%のお得を受けることが可能です。
利用場所を問わずにここまでポイント高還元率となるクレジットカードは珍しいです。

そしてP-ONE MALLを経由してネットショッピングをすれば、最大ポイント30倍になります。
Yahoo!ショッピングやロハコなどでもポイント還元率を上げることができます。
獲得したポイントをTポイントに交換すれば、Yahoo!ショッピングやロハコの支払いに充てることもできお得です。

P-one Wizはポイント還元率が高く、人気ランキング上位のクレジットカードです。
しかし普通のクレジットカードとはちょっと違うところがあるので注意が必要です。
P-one Wizはリボ払い専用クレジットカードとなり、支払い方法を選択することができないのです。
一括払いや分割払いをしたくてもできないクレジットカードということになりますので、そこだけは覚えておくと良いでしょう。

リボ払い専用クレジットカードは支払い時にリボ手数料がかかり、せっかくポイント還元率が高くても結局は損になることも多いです。
P-one Wizでそうならないためには、初回全額一回払いを選択することです。
リボ手数料がかかるのは2回目の支払い時からとなりますので、初回で全額支払ってしまえばリボ手数料を支払う必要はありません。
リボ手数料無料で高い還元率のポイントを獲得できますので、非常にお得なクレジットカードと言えます。

■高還元率クレジットカードランキング5位

インターネットショッピングに強いクレジットカードとして、人気ランキング上位となっているのがOrico Card THE POINTです。
オリコカードが自信を持って発行を開始した、年会費無料クレジットカードです。

Orico Card THE POINTは、基本的に100円に1ポイントがたまります。
ポイント還元率は1.0%です。
年会費無料クレジットカードではポイント還元率が高く、ポイントを貯めやすいでしょう。
100円で1ポイント、200円で1ポイントといったようなクレジットカードは、利用した都度ポイントが付与されることが多いです。
そうなると199円の場合は99円分がムダとなってしまうんですよね。
しかしOrico Card THE POINTは、1か月の利用金額を合計して100円に1ポイントの付与となります。
ポイントを効率的に獲得することができるでしょう。
ポイントがたまりやすいとして、ランキング上位になるのは当たり前と言えるかもしれません。

そしてOrico Card THE POINTは、入会後6ヶ月間はポイント2倍となります。
還元率2.0%となりますので、6ヶ月間にどんどん使えばポイントもどんどんたまるでしょう。

Orico Card THE POINTはネットショッピングを良くする人に支持されているクレジットカードなのですが、その理由はオリコモール経由でのショッピングで0.5%のボーナス加算があるからです。
通常のボーナスポイントにプラスして、0.5%が加算されるのです。
Amazonや楽天市場ではオリコモールのボーナスポイントは0.5%ですが、Orico Card THE POINTなら+0.5%で1.0%のボーナスポイントを獲得できます。
クレジットカードポイントと合計すると、いつでも2.0%のポイントを獲得できるのです。
楽天市場では楽天カード、Yahoo!ショッピングではYahoo!JAPANカードなど、還元率が高くお得なクレジットカードはありますが、Amazonで還元率が高くなるクレジットカードは少ないです。
最低でも2.0%のポイント還元率となるOrico Card THE POINTは、Amazon向けとして人気ランキングに登場しているクレジットカードでもあります。

Orico Card THE POINTは、iDとQUICPayの電子マネーが付帯しています。
少額の買い物でも使いやすく、ちまちまとポイントをためやすくなっています。