ポイント還元率が高いおすすめカードまとめ

ポイント還元率が高いおすすめクレジットカードを紹介していきます。ポイント還元率は高ければ高いほどお得なカードと言えます。例えば還元率1%であれば、利用金額の1%円分相当のポイントが貯まる計算になります。ポイント還元率が10%なら、カードで決済する度に10%円分のポイントが貯まるわけです。

ただし、ポイント還元率だけを見ていると損してしまう場合もあります。なぜなら、クレジットカードには年会費があるからです。つまり、いくらポイント還元率が高くても年会費も高ければ、結局のところ年会費として支払う支出の方が多く、損してしまうこともありえます。したがって、なるべく年会費が安く、なおかつ還元率が高いカードを手に入れるのが最もお得なカードを見つける方法です。

また、還元されるポイントの種類も注意しましょう。ポイント還元率が高くても、全く使いみちのないポイントが貯まるのであれば、意味が無いからです。どうせなら普段利用しているサービス・お店で使えるポイントや、金券や電子マネーへのチャージなどに使える、使いやすいポイントが貯まるカードを選びましょう。

逆に、例えばマイルが欲しくて貯まらない方であれば、ポイント還元率が低くても貯まるポイントを基準にカードを選ぶのも良いでしょう。そもそもマイルの価値は変動するので、単純に還元率という形で表しにくいので要注意です。

■やっぱり還元率がすごいクレジットカードの楽天カード

ポイント還元率が有利なクレジットカードとして、多くの方が知っているのが楽天カードですよね。実際に利用している、というかたも多いのではありませんか。しかし、そのポイント系の情報について詳しく把握している、という方は少し少ないのかもしれません。今回は楽天カードの情報を幾つか紹介していきます。

楽天カードですが、まず注目してほしいのがポイント還元率です。通常のポイント還元率は1.0%ですが、使い方によっては4.0%にもなります。ラクテに千葉での買い物では、いつでもポイント2倍、となっているわけです。
仮に毎月楽天市場で50,000円の買い物をしていれば、1,000ポイントも獲得できる、といった状況になります。年間で、12,000ポイントにもなる計算です。たくさんのポイントがゲットできる、ということがよく分かるのではありませんか。
さらに獲得したポイントは、楽天スーパーポイントというのですが、1ポイント1円として楽天市場で利用できるのです。非常に使い勝手の良いポイントなので、楽天市場ユーザーは積極的に利用していきましょう。

ちなみに楽天カードに関しては年会費が一切かかりません。永年無料タイプとなっているので、安心して利用できる、といった嬉しいメリットがあるわけです。積極的に利用したいカードの一つです。

■使い方によってはポイント還元率的メリットがありすぎるクレジットカードのdカード

Dカードに関しても、ポイント還元率的なメリットが非常に大きいクレジットカードです。実際に、dカードを利用している、というかたも多いのではありませんか、ドコモユーザーにとっては必須のクレジットカード、といっても過言ではありません。

仮に、ドコモユーザーなのにクレジットカードを利用していない、という方は損してしまうかもしれません。ドコモユーザーはまずはポイント還元率に関するメリットをチェックし、その上で入会するかを判断しましょう。

dカードに関しては、ポイント還元率が標準では1%の設定となっています。普段通りの利用をしただけでもポイントが貯まりやすいのですが、さらに貯まりやすいカードと言えます。
さらに割引サービスがしっかりとしている、というところにも注目をしたいところ。なんと、ローソンやマクドナルドを利用した時には、請求時に3%OFFになる割引特典があるのです。要は、4%が還元される、と言っても同然な特典があるわけ。せっかくの素晴らしいクレジットカードなのですから、ぜひ利用したくなりましたよね。

ちなみに年会費は初年度は無料の設定となってます。2年目以降は1,250円の設定ですが、年に1回でも利用すれば次年度以降も年会費は無料になるので、実質永年無料のカード、と言っても良いかもしれません。

■ポイント還元率系クレジットカードならOricoCard THE POINTは外せない

ポイント還元率に特化したクレジットカードと言えば、外せないカードがあります。そのカードとは、OricoCard THE POINTです。そもそも、ネーミングの中にもポイントと入ってしまっているほどに力を入れているわけです。

では、実際にOricoCard THE POINTのポイント還元率はどの程度に設定されているのでしょうか。実際に有利な設定なのでしょうか、それとも大したことはないんでしょうか。確認してみましょう。

OricoCard THE POINTのポイント還元率は、1%から2%の設定となっています。普通と思うかもしれませんが、入会後6ヶ月間はポイント還元率が2倍になる、といった特典もあるんです。さらにオリコモールを利用した場合ンは、常時0.5%の特別加算ポイントもあるので、還元率が2.5%にもなるチャンスがあります。年間で数万円分のポイントを貯める、という強者も実際にいるほどですよ。

また、OricoCard THE POINTは貯まったポイントを早急に交換できる、といった特徴もあります。アマゾンギフト券やアイチューンギフトコードに関しては、即時交換ができる、といった状態になっているわけ、シンプルな交換手続きができる、という点は注目に値するでしょう。

たくさんポイントをゲットして素早く交換したい、という方はOricoCard THE POINTがおすすめです。

また、このカードにはiDとQUICPayという2種類の電子マネーが付帯しており、それぞれの決済端末にカードをかざすだけでも支払いできます。ポイントもカード利用時と同様に貯まるので、自販機やファストフード店など、クレジットカードが使えないけど電子マネーは使えるお店ならポイントを貯められるのが強みです。決済もカード払いよりはるかに早いので、そういう意味でもおすすめの1枚です。

■JALカード TOKYU POINT ClubQもポイント還元率的に有利なクレジットカードって知ってた?

航空系カードの中にも、ポイント重視のものが多い、ということを知っているでしょうか。ポイント還元率も極めて高くなっており、実際に多くの方が利用している、といった状態になっているわけです。

今回はJALカードの一つであるJALカード TOKYU POINT ClubQというクレジットカードについてお話します。JALカード TOKYU POINT ClubQのポイント還元率はどの程度になっているのでしょうか。

JALカード TOKYU POINT ClubQのポイント還元率に関しては、1.5%のせッテ位となっています。1マイルあたり1.5円として換算した場合のパーセンテージですが、極めて他会、とうことが分かるのではありませんか。

また、マスターカードブランドであれば、WAONにチャージしても100円につき1マイルが獲得できる、といった特典があるわけです。電子マネーでもしっかりとポイントを貯めていきたい、ということを思っているのであれば、マスターカードブランドの利用も視野に入れておきましょうね。

ちなみに年会費に関しては、初年度は無料の設定となっています。2年目以降に関しては2,000円の設定となっています、。2年目以降の年会費については、それほど高額ではないので、不利な状況とは言えません。ポイントでも十分に取り戻せるはずですよ。

■このクレジットカードの還元率も見逃せない!P-one Wiz

ポイント還元率が有利なクレジットカードの数は比較的多くなっています。しかし、その中でも見逃せないのが、P-one Wizですよ。実際に多くの方が利用したい、ということを思っているんです。そんなP-one Wizですが、実際にどの程度のポイント還元率になっているのでしょう。確かめていきます。

P-one Wizのポイント還元率ですが、なんと1.5%の設定となっているのです。非常にポイント還元率は高い設定となっており、実際に多くの方がその魅力に引き込まれて入会している、といった状態になっています。
さらに、入会6ヶ月間については2.5%のポイント還元率になっています。スタートダッシュが決められるクレジットカード、と言っても良いかもしれません。

それだけ有利なポイント還元率ということで気になってしまうのが、年会費ですよね。もし小高額だったら断念せざるを得ない、と考えている方もいるはず。しかしう、それほど心配する必要はありません。なんと年会費が永年無料タイプになっているのです。ですからポイントも貯まるし、経費は一切かからない、といったメリットだらけのクレジットカードです。
Tポイントの付与もあるので、Tポイントをたくさんためたい、と思っている方は特に必見ですよ。

■やっぱり高還元率クレジットカードと言えばYahoo! JAPANカードでしょ

高還元率のクレジットカードの中には、有名なカードも幾つか存在しています。今回紹介するカードも、そんな高還元率な有名なクレジットカードの一つです。その名も、Yahoo! JAPANカードといいます。利用したいと思ったことがある、というかたも多いのではありませんか。そんな方にも今回は、Yahoo! JAPANカードのポイント還元率について詳しくお話させてもらいますね。

Yahoo! JAPANカードは通常のポイント還元率は1.0%です。さらにYahoo!ショッピングを利用している、という方には特におすすめです。なんと。ポイントが3倍の対象になっているんですよ。ですから、他草のポイントを獲得しよう、と思っている方には非常に有効活用できるカードなんです。獲得できるポイントはTポイントとなっているので、一般の店舗でも利用できますよね。利用価値が極めてた会クレジットカード、といっても過言ではありません。

Yahoo! JAPANカードの年会費にも注目しなければなりません。Yahoo! JAPANカードの年会費については、なんと無料の設定になっているんです。初年度もかかりませんが、2年目以降についてもかかることはありません。ずっと支払う必要が無いわけです。もしも、Yahoo! JAPANカードを利用しなくなってしまったとしても損するようなことは一切ありませんよ。

■ポイント還元率は変更されることもある

ここまでポイント還元率が高いクレジットカードを紹介してきました。お眼鏡に叶うカードはありましたでしょうか?最後に大事なことをお伝えすると、還元率はカード会社の一存で変更されることがあるということを覚えておきましょう。時々、カード会社がポイント還元率の引き下げを行う場合があります。これはユーザーがどうにかできるものではなく、受け入れるしかありません。カード愛好家の間ではこれを改悪と呼びます。

ポイント還元率の高いカードに入会しても、この改悪によって、結局並のカードになってしまうことがよくあります。したがって、今のポイント還元率がずっと続くわけではない、ということを理解しておきましょう。改悪が起きてしまったら、そのまま使い続けるか、別のカードに乗り換えるかを検討しましょう。

また、改悪の1つとして最近多いのが、特定のサービスにカードを使ったときに、貯まるポイントが制限されることです。特に電子マネーへのチャージでよく起こります。クレジットカードから電子マネーにチャージすると、チャージ時と電子マネーの利用時でそれぞれポイントが貯まります。この特徴を利用して、多くのユーザーがポイントの二重取りを有効活用していましたが、近年は電子マネーにチャージしてもポイントが貯まらないorポイント還元率が減ることが多くなってしまいました。